FC2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

台明寺跡(1) 

今回は霧島市国分にある竹林山衆集院台明寺跡です。
弥勒院末天台宗(三国名勝図会編纂時)。
本尊阿弥陀如意来坐像。三尺六寸(約108cm)。
脇侍観音・勢至。各四尺一寸(約123cm)。

言い伝えによると、天智天皇御勅願により「国家鎮護の道場」として創建。
法相宗→天台宗→真言宗→天台宗と宗派が何度も変わったようです。

三国名勝図会には次のような説明があります。


「寺前に一渓水流れて、小板橋を架す。台殿は山林に倚り、渓谷に臨み、翠杉、怪松森々として相映じ、緑竹蔭を交て、処々に茂生す。実に幽深の古刹なり。」


今でも「一渓水」に沿って道が整備されています。
また、台明寺の建物は「台殿」と呼ばれていたようです。

さらに次のような記述があります。


「当寺に笥蔵する古来の文書甚だ多し。世に台明寺文書と称して、古物家賞玩せり。」


「台明寺文書」は元禄十六年(一七〇三)に島津家所蔵となっており、廃仏毀釈の際はお寺になかったため被害を免れ現存しています。
全一七八通。
その内の二十二通が平安時代の物で、約一三〇通が鎌倉時代の物だそうです。
国宝「島津家文書」の一部であるため、「台明寺文書」も国宝にしていされています。
「文化遺産オンライン」で一部を見ることができます。

廃仏により台明寺は消滅しましたが、台明寺の守護神であった日吉山王社が今も残ります。


台明寺の参道であった川沿いの道を進みます。
しばらく進むと川側に大きな岩が現れます。
DSC_0905.jpg
岩の前に「台明寺跡」の案内板があるため、この辺りに台明寺があったと思われます。
しかし目を引く物は特にありません。
近くに住持墓群があるようなのですが、見つけることができませんでした。

岩から少し離れた場所に石碑があります。
DSC_0910.jpg
「島津斉彬公御茶水」
「嘉永六年(一八五三)十二月二十日日吉山王御参拝之際」

島津斉彬もこの地を訪れたことがあるようです。


旧参道をさらに進むといくつかの石造物が目に入ります。
DSC_0901.jpg
多くの五輪塔板碑が置かれていました。
横の民家の方が管理されているようで近くまで行けなかったので、詳細は不明です。


石造物群からさらに進むと、今度は山側に大きな岩が見えます。
DSC_0881.jpg
大きな岩が一つだけ、ぽつんとあります。

DSC_0882.jpg
「神武天皇の腰掛石」
神武天皇が東征の際この地に立ち寄り、この山の竹で矢の箆(の)を作ったという伝説が残っているそうです。
その時神武天皇がこの石に腰掛けたと伝わります。

DSC_0887.jpg
腰掛石のある山には今でも多くの竹が生えています。

DSC_0894.jpg
石の上には三又の矛が刺してあります。


腰掛石を過ぎ、さらに道を進みます。
すると鳥居が見えてきます。
DSC_0692.jpg
ここが台明寺の守護神「日吉山王社」です。
現在は日枝神社に名称が変わっています。

DSC_0880.jpg
「日吉山王宮」


DSC_0865.jpg
山王社参道入り口。
岩の上に石灯籠が立っています。

DSC_0866.jpg
よく見ると、灯篭の下に磨崖仏が彫ってあったような跡があります。

DSC_0858.jpg
参道側の側面に磨崖仏が残っていました。
風化が激しいため詳細は分かりませんが、随分と古そうです。


参道の坂を上ります。
DSC_0697.jpg

この参道には石造物の残欠が置かれています。
DSC_0851.jpg
それらのほとんどが原型をとどめていません。
文字が彫ってあるような物もありましたが、判読不能でした。


随神が見えてきます。
DSC_0852.jpg

DSC_0703.jpg

ここにも一体の磨崖仏があります。
DSC_0704.jpg
詳細は不明。


振り返ると何か懐かしい風景が目に映ります。
DSC_0853.jpg


さらに参道を進み、日吉山王社の社殿へと向かいます。
DSC_0706.jpg

category: 寺院跡

thread: 史跡・神社・仏閣

janre: 写真

tag: 霧島市 
Posted on 2015/03/01 Sun. 20:28  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

re:台明寺址

メール頂ければご案内したのに。

この辺りも十数年前、隼人町の歴史研究会の方々を
ご案内したのよ。
昔は、平家と源氏の御墓が並んでたけど。。

平家物語「青葉の笛」の敦盛は有名よね。
私も帰郷して探訪を初めて知ったのよ。
平家物語にも、ちょこっと、台明寺の阿闍梨が登場するわ。
鹿児島神宮のサブメニューの「参詣記」に掲載してるわ。

斉彬の腰かけた岩とかお茶を頂いた場所とか

この辺りは暫く探訪していないから
暖かくなったら、サイクリングで伺いたいわ。

より #rqGj7cHo | URL
2016/03/04 19:11 * edit *

Re: より様

台明寺住持の墓石がどこにあるのか全く分からなかったので教えてもらえばよかったです…。

私もしばらく行けていません。
大好きな場所なので久しぶりに行きたいですね。

rinzo #- | URL
2016/03/05 21:45 * edit *

台明寺住持の墓石場所

台明寺住持の墓石場所は、「台明寺跡」の案内板がある、手前の橋を渡り登って行くと、右手の方に現在のお墓があり、その中にあります。

kirishima #- | URL
2016/12/06 16:43 * edit *

Re:kirishima様

貴重な情報をありがとうございます!
ずっと探していたのですが見つけ出すことができていませんでした。
さっそく撮影に行こうと思います。
今後も何かありましたらご教示願います!

rinzo #- | URL
2016/12/06 21:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nicool0813.blog.fc2.com/tb.php/97-07f656cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。