06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

日の本名所まゐり 29 

ずいぶんと間があいてしまいました。
申し訳ありません。

今回で室生寺は最後です。

DSC_0556.jpg
五重塔横の石段を進みます。
所々に趣のある五輪塔が置かれています。


DSC_0555.jpg
石段

DSC_0512.jpg
「落石注意」
お寺の境内であまり見ることのない看板です。


DSC_0516.jpg
赤い橋が見えてきました。
ここの横に「室生山暖地性シダ群落」があります。
国の天然記念物です。


DSC_0522.jpg
奥の院参道石段
長くて急な石階段が奥の院までのびています。
上るのはしんどいですが、この美しい風景を見ると少し元気が出ます。

DSC_0518.jpg
名前が刻まれてあります。
石段の奉納者でしょうか。


DSC_0528.jpg
常燈堂(位牌堂)

DSC_0545.jpg
懸造

DSC_0534_20180127180105e60.jpg
常燈堂廻廊


DSC_0535.jpg
奥の院御影堂
鎌倉時代後期建立
国指定重要文化財

全国各地にある弘法大師を祀るお堂の中で最も古い物の一つであるそうです。




以上が室生寺です。
今までに訪れた数百の寺院の中でどこが一番良いかと問われると、迷いなく「室生寺」と答えます。

奈良の奥地という立地。
境内に漂う雰囲気や静けさ。
そしてそこに佇むお堂や古仏。
全てが魅力的で、感性を刺激します。


DSC_0609.jpg
左に見える旅館。
室生寺に魅了された一人である土門拳が常宿としていた橋本屋です。
昭和五十三年(1978)、彼はこの宿の二階の部屋で室生寺に雪が積もるのを待ち続けました。
そして室生寺に通い続けて四十年。
初めて雪の室生寺を撮る事が出来ました。

土門拳という大写真家ですら四十年かかった雪の室生寺。
私が雪の室生寺を撮れる日は来るのでしょうか。

とにかく素晴らしいお寺です。
一生に一度は絶対にお参りすべきであると思います。


次回久しぶりに寺院跡を紹介するよ予定です。




「室生寺」

奈良県宇陀市室生78

category: 日の本名所まゐり

thread: 史跡・神社・仏閣

janre: 写真

tag: 宇陀市 
Posted on 2018/01/27 Sat. 19:58  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nicool0813.blog.fc2.com/tb.php/284-87eacec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。