03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

日の本名所まゐり 25 

今回は寺院跡の紹介をすると宣言していたのですが、載せたい写真があったため予定変更です。

先月28日、京都府にある木がニュースになりました。
それは「花脊の三本杉」という樹齢1200年ともいわれる古木が日本一高い木であったというもの。
「高い」といっても値段ではなく身長で、今まで35mだと思われていたのが実は62.3mだったそうです。
「誤差がひどすぎるだろ!」と思ったのですが、実測では約56mとされていたようです。

そんな花脊の三本杉に六年前に行っていました。
今回はその時の写真を載せます。



IMGP3865.jpg
京都市北部の山深い場所にある「花脊」。
三本杉はこの地にあります。


IMGP3841.jpg
川が流れます。
川の横には司馬遼太郎や白洲正子などが訪れた名旅館「美山荘」。


IMGP3843.jpg

IMGP3845.jpg
山道を進む。

IMGP3859.jpg
小川も越える。
ちなみにこの場所は熊が出没します。
「一昨日この辺りに熊が出没したのでご注意ください」という看板に怯えたのを覚えています。


IMGP3846.jpg
山道の先に巨木が現れました。
これが「花脊の三本杉」です。

IMGP3848.jpg

IMGP3853.jpg
その存在感、迫力は圧倒的。


IMGP3856.jpg
巨木はいくつも見てきたつもりでした。
しかしここまでの雰囲気を持った木を見たことは後にも先にもありません。


IMGP3860.jpg

IMGP3857.jpg
注連縄が巻かれ、玉垣で囲まれています。
この木はとある寺院の御神木なのです。

IMGP3863.jpg
その寺院こそ「大悲山峰定寺」。
平安末期に創建された修験道の寺院です。
見えている仁王門は貞和六年(1350)建立で国指定重要文化財。

仁王門をくぐると参道が本堂までのびています。
本堂は清水寺と同じ造りの懸造。
仁王門と同じ年の建立で、日本最古の懸造であるとして国指定重要文化財に指定。

見事な建築物と境内の雰囲気です。
ただ仁王門より先へのカメラや携帯電話の持ち込みは禁止。
画像検索をすれば無断で撮影された画像が出てはきます。
撮影したい気持ちもわかるし、時代の流れで撮影されてしまうのもわかります。
しかし「ここで写真は撮らない方がいいかもな」と本気で思った記憶があるので、撮らない方がいいと思います。



「峰定寺および花脊の三本杉」

京都府京都市左京区花背原地町772

category: 日の本名所まゐり

thread: 史跡・神社・仏閣

janre: 写真

tag: 京都市 
Posted on 2017/12/07 Thu. 22:16  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nicool0813.blog.fc2.com/tb.php/278-3c2431c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。