FC2ブログ
08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

住吉大明神社 

今回は曽於市末吉町にある住吉大明神社です。
祭神底筒男命、中筒男命、上筒男命。
例祭九月二十五日、十一月二十五日。

三国名勝図会には「十一月の祭祀には、流鏑馬一騎を施行す。」とあります。
この流鏑馬は一時途絶えていましたが昭和二十七年(1952)に復活。
現在は十一月二十三日に行われています。



DSC_4248_20171021180910b1f.jpg
住吉神社参道。
ここで流鏑馬が行われます。


DSC_4251.jpg
住吉神社二の鳥居。
一の鳥居の写真もあったのですが、誤って削除してしまいました。

DSC_4252.jpg
ボロボロです。
すぐに倒れてしまうことはないでしょうが、危険です。


DSC_4257_2017102118091522d.jpg
住吉神社石段。
曽於市を代表する風景の一つだと思います。


DSC_4274_20171021181007715.jpg
境内林。


DSC_4262_20171021180932b93.jpg
大木が見えます。

DSC_4264_201710211809328fe.jpg
住吉神社御神木の一つなのですが非常に痛々しい姿です。
昨年の台風で被害を受け、枝が折れてしまいました。

この数年で鹿児島の神社の御神木が三本も折れています。
あまりいい気はしません。


DSC_4269.jpg
摂社。

DSC_4268.jpg
こちらは折れた枝の直撃を受け全壊したようです。


DSC_4272.jpg
社殿が見えてきました。

DSC_4279.jpg
住吉神社拝殿。
こちらにも枝が当たったようです。
台風の被害から一年ほど経っているのですが、まだ修復されていない状況でした。


DSC_4281.jpg
住吉神社本殿。
嘉永二年(1849)改築。
総樟造。
曽於市指定文化財。

大工の棟梁は阿蘇鉄也。
以前紹介した新田神社社殿、指宿神社社殿の改築。
さらには昭和の台風による倒壊前の蒲生八幡神社社殿の改築に携わったという名工です。


DSC_4295_20171021180948574.jpg
木の柵をくぐると社殿を目の前で見ることができます。

DSC_4298_201710211809063c8.jpg
小さいながらもしっかりしています。
当時は彩色がなされていたかもしれません。


DSC_4284.jpg
社殿前石灯籠。
嘉永二年(1849)奉寄進。
本殿の改築記念に奉納された物でしょうか。


DSC_4313_20171021181057577.jpg
拝殿前にも御神木が立ちます。


DSC_4291_20171021180854f71.jpg
樹齢約八百年といわれる古木。
金属のベルトで補強されており、こちらも痛々しい姿です。

かつては多くの神木があったようで、その様子が三国名勝図会に書かれています。


「山中に松七株、樟七株、椎七株のあわせて二十一株の御神木があったと伝わるが、今はよくわからない。」


ちなみに今回紹介した二本の神木はどちらも「杉」です。


DSC_4294_2017102118091379a.jpg
若宮神社。
かつてはこの横に「三島神社」もあったようです。


DSC_4304_20171021181055392.jpg
灯籠残欠。
明和六年(1769)奉寄進。


DSC_4305_20171021181039503.jpg
灯籠の先に道がのびています。
ここを進むと神社が鎮座する「住吉山」の山頂にたどり着きます。
そこには「姥石」という謎の石が祀られていますが、詳細は不明。
この石について三国名勝図会には次のようにあります。


「地元の人はこの山を姥ヶ岳と呼んでいる。山頂に姥石という大きな石があり、日向と大隅二州の界石としている。
真ん中から二つに割れ、そこで二州をわけている。」


今回は時間がなく山頂まで行けなかったのですが、行き次第追記します。


DSC_4306_20171021181043604.jpg
若宮神社の前に仁王像が一体立ちます。
どこにあった物かは不明です。
住吉神社に別当寺があったという記述は見当たりませんが、ひょっとするとあったのかもしれません。

DSC_4309_20171021181035e73.jpg
脚部。




三国名勝図会に次のような記述があります。


「慶長五年三月二十九日、島津義久が参拝した。同年四月十一日義久が忠恒(家久)を伴い参拝。二度とも御詠歌を奉納した。
その際家臣達も和歌を詠んだ。その御親筆の短冊は今も社内に大切に保管されている。」


これらの短冊は今も残されています。
曽於市指定文化財となり末吉歴史民俗資料館で見ることができます。



今回もご覧いただきありがとうございました。
以上が住吉神社です。

今回は省きましたが、三国名勝図会に詳細な記述があります。
豪壮な社殿は持ちませんが、それほど由緒正しき神社なのです。

深い歴史と伝統、そして文化財を持つ末吉の名社「住吉神社」。
是非一度は訪れてみてください。
正面参道を歩いてほしいですが、折れた御神木が危ないかもしれません。
その際は横にもう一つの参道があるのでそちらを上ればよいと思います。

調べるとすぐに出てくるので、今回地図は載せません。


住吉神社(曽於)



DSC_4260.jpg

category: 神社

thread: 史跡・神社・仏閣

janre: 写真

tag: 曽於市 
Posted on 2017/10/31 Tue. 22:51  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nicool0813.blog.fc2.com/tb.php/271-798fa4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。