FC2ブログ
08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

清涼院跡(2) 

引き続き清涼院跡です。

DSC_1449.jpg
千手観音のある場所から墓地の奥へと進みます。


DSC_1460.jpg

DSC_1462_20170117191250ee5.jpg
進んですぐの所に小さな石仏があります。
詳細は不明。


DSC_1515.jpg
奥へと進むと左手に細い階段が現れました。

DSC_1513.jpg
落ち葉や枝が散乱しています。
大きな木の枝が道をふさいでいたので片付けてきました。


DSC_1510.jpg

DSC_1507.jpg
後継者がいないのでしょうか。
現代の墓石までも埋もれています。


DSC_1466.jpg
現代の墓石までもが埋もれてしまっている墓地にひっそりと供養仏がたたずんでいます。

DSC_1467.jpg
元禄十四年(1701)没。


階段を上りきると、ある人物の墓所に着きます。
DSC_1488.jpg


DSC_1471.jpg
肝付兼屋の妻であった「清涼院」の墓所です。
萬松山清涼院はこの方の菩提を弔うために建立された寺院です。


DSC_1473_201701171913263ad.jpg
立派な石門の奥には立派な石祠がありました。

DSC_1476.jpg
装飾も細かいです。

DSC_1475_201701171913313a9.jpg
内部には清涼院の宝篋印塔が安置されています。


DSC_1481.jpg
左側に石祠がもう一基あります。

DSC_1477_20170117191406878.jpg
案内板に「肝付兼柄の姉」とありました。
清涼院より少し小さい石祠です。


DSC_1490.jpg
墓所前に石灯籠残欠。


墓所の前には見るべき物がもう一つあります。
それがこちらです。
DSC_1506.jpg

DSC_1493_20170117191432efd.jpg
「十三仏」です。
冥界の審理に関わる13の仏達が彫られています。

DSC_1494.jpg
最上段。

DSC_1495_20170117191430e84.jpg
中段。

DSC_1497.jpg
最下段。


そしてこの十三仏の裏側にもう一つの仏像が彫られています。
DSC_1503.jpg

DSC_1502_20170117191515db3.jpg
毘沙門天です。

DSC_1501.jpg
十三仏及び毘沙門天が彫られたこの石造物についての詳細は全く分かっていません。
いつ建立されたのか、なぜここにあるのか、そしてなぜ両面に彫られているのか。
全ては謎のままです。




以上が清涼院跡です。
墓地にはもう少し奥があったのですが、この後天候が荒れてきたので今回は行きませんでした。
要再訪です。

文化財の豊富な寺跡です。
千手観音や小さな石仏にまで花を供えてあったように、どれも大切にされていました。


目の前に駐車場があるのですが、おそらく寺跡の横にある会社の駐車場なので停めないほうがよいと思います。
そこ以外の駐車スペースがあまり無いのが難点ですが、是非訪れてほしい場所です。


清涼院跡




DSC_1469.jpg

category: 寺院跡

thread: 史跡・神社・仏閣

janre: 写真

tag: 鹿児島市 
Posted on 2017/01/23 Mon. 23:16  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nicool0813.blog.fc2.com/tb.php/198-8cd5fdca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。