FC2ブログ
08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

正一位宮浦大明神社 

今回は霧島市福山町にある正一位宮浦大明神社です。
祭神天神七代、地神五代及び神武天皇。
例大祭一月二十五日。

現在の名称は「宮浦宮」。
ここで有名なのは神社ではなく県指定天然記念物の「夫婦銀杏」です。
しかし先日の台風により銀杏の一本の枝が折れ、それにより拝殿が破壊されてしまいました。



DSC_9543.jpg
宮浦宮鳥居。

DSC_9542.jpg
「夫婦銀杏」
倒木したわけではないようです。


DSC_5206.jpg
以前はこのような様子でした。(2016年2月撮影)



DSC_9538.jpg
宮浦宮は現在原則立ち入り禁止です。
今回は地元の方が境内に居られたため、許可を得て境内に入りました。


DSC_9534.jpg
拝殿。

DSC_9470.jpg
折れた枝の直撃を受け損壊しています。


DSC_5173.jpg
在りし日の拝殿。(2016年2月)

DSC_5191_20160924201648c03.jpg
勅額「正一位宮浦神社」
この勅額も壊れた拝殿内にあると思われます。


DSC_9502.jpg
折れた枝。
「枝」とは言うものの街路樹ほどの大きさがあります。

DSC_9500.jpg
本殿は無事でした。

DSC_5186.jpg
(2016年2月)

DSC_5178.jpg
宮浦宮本殿。(2016年2月)
平成二十三年に拝殿などと共に新たに造営されたばかりです。



DSC_9477.jpg
写真の真ん中あたりが折れた部分です。


DSC_9526.jpg
枝の中は空洞になっていました。
今までよくもったものです。


DSC_9525.jpg
もう一本の銀杏にも当たったらしく、傷がありました。


DSC_9499.jpg

DSC_9523.jpg
幹に傷は全くなく、以前と変わらず堂々としています。


DSC_9530.jpg
もう一本は無事です。

DSC_9509.jpg
ただ、少し寂しげに見えます。


DSC_9527.jpg

DSC_9504.jpg
ちゃんとした処置をすれば、今後も夫婦銀杏として立ち続けられるのではないでしょうか。

DSC_5185.jpg
(2016年2月)


DSC_9512.jpg
神木の枝が落ちようとも、拝殿が潰れようとも、この神社のしっとりとした雰囲気が失われることはありません。
境内はざわつくことなく、落ちついています。




DSC_9479.jpg
すぐ前には錦江湾が広がり、台風の強い風をさえぎる物がありません。
海から吹きあがってきた強風を葉っぱで重くなった枝が耐えきれなかったのでしょう。



倒木したのではなかったようで安心しました。
しかしこれから枝や瓦礫の撤去が始まると思うので、もうしばらくは立ち入り禁止が続きそうです。
大きな被害に遭ってしまいましたが、良い神社であることに変わりは無いので、立ち入り禁止が解かれたら是非参拝してみて下さい。

DSC_9522.jpg
約千年もの間この地を見守り続けてくれた大銀杏。
今後も見守り続けてくれると信じています。
ただ、今は見守ってくれなくてもよいかもしれません。
今はこちらがこの木を守っていく時です。

これからも御神木であり続けてもらえるよう、しっかりとした処置がなされることを望みます。


地図は「宮浦宮」で調べればすぐに出るので、今回は載せません。



宮浦宮



DSC_5198.jpg
(2016年2月)

category: 神社

thread: 史跡・神社・仏閣

janre: 写真

tag: 霧島市 
Posted on 2016/09/24 Sat. 21:08  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nicool0813.blog.fc2.com/tb.php/183-f7843025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。